ビーグレンの「ニキビ跡ケア」でクレーターは改善する?成分と口コミを徹底調査!

ビーグレンの「ニキビ跡ケア」でクレーターは改善する?成分と口コミを徹底調査! ビーグレンのトライアルセット

ビーグレンの「ニキビ跡ケア」とは

ビーグレンのニキビ跡ケアは、肌に残るニキビ跡を目立たなくする効果が期待できるアイテムばかりを集めたトライアルセットです。

この内容は、クレイウォッシュにQuSomeローション、Cセラム、そしてQuSomeモイスチャーリッチクリームの4点セット。

 

ビーグレンの「ニキビア跡ケア」の内容

洗顔料のクレイウォッシュは、成分に含まれるモンモリロナイトというクレイ成分が汚れや皮脂を吸着して除去。

界面活性剤は使わず、ジェルタイプの洗顔料で、泡立てずにそのまま肌に塗っていきます。

QuSomeローション17時間うるおいを角質層に閉じ込めてくれる化粧水。
ニキビ跡にも保湿による肌のターンオーバーの改善は効果的だと言えます。
Qusomeローションは肌悩み別に8つに分けられたお試しプログラムのほとんどに使われています。

保湿力が高く、長時間持続するのが魅力です。

Cセラムも、ローション同様にQuSomeカプセルを使用しています。
高濃度のビタミンCをカプセルにつめ、角質深部まで浸透するように設計されています。
QuSomeのテクノロジーは、角質層で長時間留まることが実験で明らかになっています。

ビタミンCの持つ肌のハリや弾力を高め、細胞を活性化する効果を持続させることで、肌のターンオーバーの正常化と、メラニン色素の還元作用でクレーターを徐々に目立たなくする効果が期待できます。

QuSomeモイスチャーリッチクリームは、深いしわやたるみ等のエイジングケアに使用し、保湿効果が期待できるクリームです。
含まれる成分は肌のハリアップや血行促進を期待できるので、ニキビ跡が目立たなくなる事が予想されます。

ビーグレンのニキビ跡ケアがクレーターに効く理由

ビーグレンが他のニキビ跡用の化粧品と全く違う部分。
それが「QuSome」テクノロジーです。

QuSome(キューソーム)カプセルは70~150ナノメートル。
針の頭に約50個も乗ってしまうほど極小のカプセルです。

そのカプセルに低分子化した有効成分を閉じ込めることで、カプセルに入った有効成分は蒸発や変性することなく、角質深部まで到達することができます。

この結果、有効成分が角質層に長くとどまることができるようになったため、ニキビ跡のクレーター部分に長く有効成分が働きかけます。

ビーグレンの保湿のほとんどにこのQusomeテクノロジーが使われているため、ニキビ跡のように時間がかかる肌トラブルにも効果を発揮することができると言えます。

さらに洗顔のクレイウォッシュのクレイはイオン交換性という性質があり、クレイが帯びているマイナスイオンと汚れが帯びているプラスイオンが反応して、クレイが汚れを吸着します。

多くの使用者がクレイウォッシュについて、ある一定の期間以上使用し続けると(1ヶ月以上)ピーリングが要らない程に余分な古い角質が除去されているように感じると話しています。
ニキビ跡の改善にも古い角質の除去を促すことは有効だと言えます。

また、CセラムはビタミンCを7.5%の高濃度配合した美容液。
QuSomeの浸透力で、ビタミンCを肌の深部に届けます。
内側から肌のキメや毛穴に働いて、肌がより滑らかになることが期待できます。

ニキビ跡ケアで、QuSomeモイスチャーリッチクリームを組み合わせている理由は、肌の生まれ変わりを促す成分を長時間肌に浸透させる働きが見込めるためです。

ニキビのクレーターの場合、毛穴組織までダメージを受けている可能性があり、この場合にはQuSomeモイスチャーリッチクリームでのケアが効果的です。

ビーグレンでは効果が期待できないニキビ跡(クレーター)とは

角質だけではとどまらず、深部まで及んだニキビ跡の場合、ビーグレンで効果を実感できない場合もあります。

角質層であればターンオーバーにより、だんだんと目立たなくなる可能性があります。
しかしそれ以上深い層まで達したニキビ跡はスキンケアでは改善が難しいと言えます。

ニキビ跡にはビーグレンとオルビスどっちがいい?

「オルビス」のクリアシリーズはニキビ向けの化粧品です。

和漢エキスが多く配合してあり、肌に優しく働きかけるので大人ニキビに合っているという口コミが多く見られます。
しかし、乾燥を感じる人も多く、成分のほとんどに「エタノール」が配合されていることが原因っと考えられます。

エタノールはさっぱりとした使用感があり、殺菌作用にすぐれています。
反面、アルコール系の成分で揮発しやすいため、保湿には向いていません。

その点ビーグレンは、ニキビ用やニキビ跡にも保湿に重点を置いたクリームの組み合わせを推奨しています。また独自のQuSomeで浸透力があるため、ニキビ跡以外の部分の保湿も効果的です。

「ニキビ跡」は今あるニキビとは違い、効果的な保湿や肌の代謝を促進する有効成分を与えることが大切です。

その点からはオルビスのクリアシリーズは今ある大人ニキビに、ビーグレンのニキビ跡セットはニキビが完全に治癒した後に出来るニキビ跡に効果的だと言えそうです。

今現在悩んでいるニキビが炎症が完全におさまったニキビ跡であればビーグレンのニキビ跡ケアはおすすめです。

 

コメント